Welcome to Matsui Glocal LLC / 松井グローカル合同会社

 

With more than 30 years experiences and human networks as a specialist of Indonesian affairs, Matsui Glocal LLC assists your business and activities widely and deeply in/with Japan, Indonesia, and local-to-local in the world.

Dengan pengalaman kerja dan jaringan berbagai kalangan sebagai ahli Indonesia selama 30 tahun lebih, Matsui Glocal LLC mendukung bisnis dan kegiatan anda lebih luas dan lebih dalam di/dengan Jepang, Indonesia, dan lokal-lokal di dunia.

30年以上のインドネシアとのお付き合い、インドネシアの中央・州・県・市政府、大学、NGO、商工会議所、民間企業、農民グループ等と築いてきたネットワークを活用し、日本とインドネシア、他の世界、ローカルとローカルを広く深くつなげる仕事をしていきます。詳しくは、こちらのページをご覧ください。また、日本語の個人ブログ「ぐろーかる日記」もご覧ください。

Email: matsui@matsui-glocal.com (Japanese, English, Bahasa Indonesia)

Who am I? / 自己紹介

よりどりインドネシア第67号、4/22まで全文無料公開

弊社が主宰する有料のウェブ情報マガジン「よりどりインドネシア」は、さまざまなインドネシア、いくつものインドネシアを知り、理解を深め、インドネシアと交わり、ともに未来へ向けて行動するための会員制マガジンです。

毎月2回、おおよそ7日頃と22日頃に発行しています。2017年7月から発行を開始し、今号で第67号となりました。

購読方法は、次の2つからお選びいただけます。

1.「よりどりインドネシア」のマガジンサイトhttps://yoridori-indonesia.publishers.fm/)からクレジットカード情報を登録し、お試し購読へ進む。お支払いは、毎月、登録カードからの引き落としになります。

2.当方(matsui@matsui-glocal.com)へメールで購読を申し込んでいただいた後、6ヵ月分または12ヵ月分をまとめて当方指定の銀行口座へ振り込んでいただきます。振り込みを確認したうえで、毎回、ご指定のメールアドレスへPDF版「よりどりインドネシア」を送付いたします。

購読料金は、1ヵ月あたり825円(税込)となります。

これまでのバックナンバーは、こちらのサイトをご覧ください。古いものは順次無料公開していく予定です。

→ よりどりインドネシアバックナンバー

通常、「よりどりインドネシア」は、購読料をお支払いいただいた方々のみへ全文公開しておりますが、今回は、最新号(第67号)を2020年4月22日まで無料で全文公開いたします。

マガジンサイトでご覧になりたい方は、こちらのサイトからご覧ください。こちらからですと、バックナンバーをすべてご覧いただくことが可能です。

→ よりどりインドネシア

PDF版をお試しになりたい方は、次のサイトからご覧ください。ダウンロード可能です。こちらからですと、請求書と領収書を発行可能です。バックナンバーの入手については、個別にお問い合わせください。

→ 200408-067-よりどりインドネシア

この機会に内容をご覧いただき、「よりどりインドネシア」の購読を前向きにご検討いただければ幸いです。

なお、ウェブ情報マガジン「よりどりインドネシア」は、購読者とともに、執筆者も絶賛募集しております。原稿料もお支払いいたします。皆さんのとっておきのインドネシアを一緒に味わいませんか。

これからもご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

ジャカルタ、スラバヤへの出張(2020年3月1~11日)

新型コロナウィルス感染拡大のなか、近畿経済産業局とTeam E-Kansaiからの委託を受け、2020年3月1~11日、環境技術ニーズを調べるため、インドネシアのジャカルタ及びスラバヤを訪問しました。調査では9つの業界団体とコンタクトしましたが、やはり面会アポは取れず、不十分ながら質問票調査となりました。3月2日にインドネシアで初の感染者が公表されたこともあり、行動においてはバスなどを避けてタクシーを利用し、細かな行動軌跡をインドネシア語で記録しました。

Perjalanan Dinas ke Jakarta & Surabaya (1-11 Maret 2020)

Sebagai survei untuk Tim E-Kansai, Osaka, Jepang, kami melakukan perjalanan bisnis ke Jakarta dan Surabaya pada 1-11 Maret 2020 untuk mendapatkan informasi tentang kebutuhan teknologi pengelolaan lingkungan hidup untuk sektor swasta di Indonesia. Kami mencoba mengunjungi beberapa asosiasi-asosiasi industri, namun, tentu saja, sangat sulit untuk membuat janji pertemuan kali ini. Kami sangat berhati-hati untuk melakukan kegiatan kami di Indonesia dengan menghindari penggunaan transportasi umum dan mencatat semua jejak kegiatan kami dalam Bahasa Indonesia.

Business Trip to Jakarta and Surabaya (1-11 March 2020)

As a survey for Team E-Kansai, Osaka, Japan, we conducted business trip to Jakarta and Surabaya in 1-11 March 2020 to get information about the needs of environmental technologies for private sector in Indonesia. We tried to visit some industrial associations, but, of course, it was very difficult to make appointments this time. We were too much careful to do our activities with avoiding use of public transportation and recording all our activity locus in Bahasa Indonesia.

中アチェ県への出張(2020年2月17~23日)

JICA草の根協力(地方活性化)事業の一環で、インドネシアのスマトラ島にある中アチェ県を訪問しました。このプロジェクトは、農産物として地元の柑橘類を対象に、栽培、加工、マーケティングを統合した6次産業化の促進を図るものです。中アチェ県からは2人の若者が高知県越知町へ派遣され、岡林農園で6次産業化についての実地研修を続けています。

今回は、中アチェ県政府、柑橘類農家、若手起業家とともに、3者の統合と連携による6次産業化を実現するための戦略について話し合う、2日間のワークショップを行いました。

そして、中アチェ県政府は、柑橘類農民や若手起業家を含めた、6次産業化のためのタスクフォースを彼ら自身のイニシアティブで立ち上げ、具体的な6次産業化戦略とアクションプランづくりに着手することを決定しました。

このようなセクター横断的なタスクフォースの設立は、縦割り行政が一般的なインドネシアでは珍しいケースだと思います。この中アチェ県のケースが、インドネシアにおいて、農産物生産・加工・販売を統合的に捉えた支援政策を実現する、新しい動きにつながることを願っています。

Perjalanan Dinas ke Aceh Tengah (17-23 Feb 2020)

Atas nama Proyek Kerjasama Grass-root JICA untuk pemerintah daerah, kami mengunjungi kabupaten Aceh Tengah di pulau Sumatera, Indonesia. Proyek ini adalah untuk mempromosikan industrialisasi ke-6 atau integrasi antara produksi / budidaya, pengolahan, dan pemasaran jeruk lokal sebagai produk pertanian. Kabupaten Aceh Tengah kini mengirimkan dua pemuda ke kota Ochi di Prefektur Kochi, Jepang, untuk mempelajari industrialisasi ke-6 di Okabayashi Farm.

Kali ini, kami mengadakan workshop dua hari untuk pemerintah daerah, petani jeruk, dan pengusaha muda untuk membahas strategi untuk mewujudkan industrialisasi ke-6 dengan integrasi dan kerjasama di antaranya.

Akhirnya, Pemkab Aceh Tengah memutuskan pendirian Task Force atau Satgas Industrialisasi ke-6 untuk mempromosikan integrasi antara produksi / budidaya, pengolahan, dan pemasaran bersama petani dan pengusaha muda dengan inisiatif mereka sendiri.

Mungkin penetapan Task Force atau Satgas lintas sektor semacam ini adalah kasus langka di Indonesia yang umumnya dihambat oleh birokrasi yang terbagi secara vertikal. Kami berharap kasus Aceh Tengah ini membuat gerakan baru untuk mewujudkan kebijakan dukungan untuk mempromosikan industrialisasi dan pemasaran pertanian secara integral dalam waktu dekat di Indonesia.

Business Trip to Aceh Tengah (17-23 Feb 2020)

In the name of JICA Grass-root Cooperation Project for local government, we visited Aceh Tengah district in the Sumatra island, Indonesia. This project is to promote 6th industrialization or integration among production/cultivation, processing and marketing of local oranges as agricultural products. Aceh Tengah district now sends two young persons to Ochi town in Kochi Prefecture, Japan, to learn the 6th industrialization at Okabayashi Farm.

This time, we had two-days workshop for local government, orange farmers, and young business-persons to discuss about the strategy to realize the 6th industrialization by integration and cooperation among them.

At last, local government of Aceh Tengah decided to establish a kind of the 6th Industrialization Task-force to promote integration among production/cultivation, processing and marketing with farmers and young business-persons by their own initiatives.

Maybe establishment of this kind of cross-sector Task-force is rare case in Indonesia with its vertically divided bureaucracy. We hope this case of Aceh Tengah makes a new movement to realize support policies to promote integrally agricultural industrialization and marketing in the near future in Indonesia.

Want to learn local development cases in Korea, China, Taiwan and others

I want to know and learn current local community development activities especially in Korea, China, Taiwan, and other countries. I believe there are co-current and same phenomena happened in those activities as in Japan. If possible, I want to visit there to learn them directly.

2020年、新年のご挨拶

あけましておめでとうございます

旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

日本と海外(インドネシアなど)の地域づくりをパラレルに見ていると、その同時代性を強く感じます。ローカルとローカルがつながり、新しい価値と深い学びが持続的に生み出される。そんな世界を目指して、微力ながら精進したいと思います。

インドネシア・東ジャワ州バトゥ市の若き農業者たちと一緒に。生産者と消費者を結ぶ動きはここでも試みられている。 [2019年5月]

Ucapan Tahun Baru 2020

Selamat Tahun Baru 2020 !

Terima kasih banyak atas bantuan yang diberikan pada tahun 2019. Semoga kehidupan dan kerja Bapak/Ibu penuh cinta dan damai pada tahun 2020.

Melihat pengembangan lokal Jepang dan luar negeri (Indonesia dll.), kami merasa ada kesamaan zaman dalam upaya-upayanya. Terhubung lokal dan lokal, muncullah nilai-nilai baru dan pembelajaran dalam secara berkelanjutan. Kami berusaha sebaik mungkin untuk menuju dunia seperti itu.

Bersama petani muda di Kota Batu, Provinsi Jawa Timur, Indonesia. Gerakan untuk menghubungkan antara produsen dan konsumen juga teruji di sini. [Mei 2019]

1 2 3 87