『よりどりインドネシア』第100号発行記念特別オフ会のお知らせ

月2回発行の情報ウェブマガジン『よりどりインドネシア』は、おかげさまでこの2021年8月、第100号を発行するに至りました。2017年7月の発刊以来、毎月2回、ひとつの欠号もなく、発行できたことを嬉しく思います。これもたくさんの方々のお力添えによるものと深く感謝いたします。

また、『よりどりインドネシア』の購読者を対象に、1~2ヵ月に1回の頻度で、オンラインによるオフ会も開催してきました。今回、8月のオフ会は、『よりどりインドネシア』第100号の発行を記念し、購読者以外の一般の方々も含めた拡大版として、以下の通り、開催いたします。

  • と き:2021年8月21日(土)日本時間午後3~5時
  • テーマ:太平洋戦争下のマカッサルで日本人はいかに生きたのか~元民政部職員・粟竹章二さんの証言~
  • 参加方法:ZOOMによるオンライン(先着100名まで)

今回は、太平洋戦争時にマカッサルのセレベス民政部の職員だった粟竹章二さんをお招きし、当時の思い出を語っていただきます。戦時下のマカッサルでの暮らし、マカッサルでの日本人と地元の人々との関わり、死の草原とも言われたマリンブン収容所での日々など、ご自身の経験に基づいてお話しいただきます。そして、今もスラウェシを愛し続ける粟竹さんとその仲間たちの活動も紹介し、次世代へのメッセージを託していただけるものと思います。

なお、今回はとても貴重なお話となるため、オフ会全体を録画・録音させていただきます。

参加ご希望の方は、以下のURLより事前登録をお願いいたします。

https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZMpduChqD4oHNyzxh0Y3yamgGcUnTbCy2VA

また、事前登録された方でまだ有料購読会員でない方には、事前登録の際に記載されたメールアドレス宛に『よりどりインドネシア』第100号(PDF版)をお送りしますので、この機会に是非、『よりどりインドネシア』の購読をご検討いただければ幸いです。

一人でも多くの方々、とくに若い世代の方々に、是非、お聴きいただければと願っています。どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください