7月のオフ会をオンライン開催(7/25)

2020年7月25日(土)日本時間午後3時から、情報ウェブマガジン『よりどりインドネシア』の購読者の皆さんを対象にしたオフ会をオンラインで行いました。今回は、私を含めて12名が参加しました。

今回のテーマは「私のおすすめの本」。当初、何人かに本の紹介をしてもらう予定だったのですが、結局、最初に紹介していただいた一冊の本、倉沢愛子著『インドネシア大虐殺』を題材に、参加者どうしで自由に語り合いました。
次回のオフ会は、8月29日(土)日本時間午後3時から、「今、社会変革を目指すインドネシアの若者たち」(仮称)というテーマで、参加者どうしで語り合う予定です

なお、このオフ会は『よりどりインドネシア』購読者に限定しております。参加ご希望の方は、是非、『よりどりインドネシア』の購読者登録をお願いいたします。下記のサイトから直接登録いただくか、
matsui@matsui-glocal.com へメールにて「購読者登録希望」とお知らせください(後者の場合は、PDF版での購読となります)。

よりどりインドネシアのサイト:https://yoridori-indonesia.publishers.fm/

Kuliah Tamu di Universitas Hitotsubashi, Tokyo

Saya memberi kuliah tamu di mata kuliah “Teori Pembangunan Sosial B” di Universitas Hitotsubashi, Tokyo. Kebetulan saya lulusan universitas ini (S-1).

Tema kuliah saya ada dua topik seperti dibawah ini:

  • One Village One Product Movement (27 Mei & 3 Juni, 2020)
  • Katalisator dan Fasilitator (8 & 15 Juli, 2020)

Kuliah tamu kali ini bertujuan untuk audiensi pengalaman praktisi dalam konteks pembangunan sosial. Maka, saya menyampaikan pengalaman di Indonesia sebagai tenaga ahli JICA (penasihat pembangunan daerah Kawasan Timur Indonesia & Sulawesi) dan pengalaman pergaulan dengan masyarakat lokal di Indonesia dan Jepang, terutama mengfokus metode pendekatan dan komunikasi dengan masyarakat lokal di dalam program kerjasama internasional serta pemberdayaan masyarakat.

Sesuai permintaan dari pihak universitas, saya membuat video kuliah terlebih dahulu dengan menggunakan PowerPoint, lalu mahasiswa/i menyaksikan video tersebut dengan on demand. Kuliah tamu on demand ini memang merupakan pengalaman berharga untuk saya. Namun demikian, saya merasa sangat menyesal karena tidak bisa berdiskusi secara langsung bersama mahasiswa/i. Diskusi dan dialog dengan mahasiswa/i adalah alasan utama saya untuk menerima tawaran kuliah umum seperti ini. Semoga akan ada kesempatan lain.

Guest Lectures in Hitotsubashi University

My guest lectures were conducted in the name of “Social Development B” in Faculty of Social Studies, Hitotsubashi University, my alma mater, as follws:

– May 27 & June 3, 2020: One Village One Product Movement
– July 8 & July 15, 2020: Catalyst and Facilitation

This time, my part is regarded as “the learning from practitioners”, so I talked my past experience as JICA expert in Indonesia and in the field of local development in Indonesia and Japan, especially focused on how to approach and communicate as an outsider with local peoples in the program of international cooperation or local/community development.

Based on request from the university, I made the video of my lecture by PowerPoint in advance, and the students watched it on demand. This is my precious experience, of course. But it was a pity that I couldn’t have face-to-face discussions with the students.

一橋大学にてゲスト講義(5/27・6/3・7/8・7/15)

下記のとおり、我が母校でもある一橋大学社会学部での「社会開発論B」において、以下の2テーマにて、ゲスト講義を行いました。

– 2020年5月27日・6月3日:一村一品運動
– 2020年7月8日・7月15日:カタリストとファシリテーション

今回は、実務者の経験から学ぶという趣旨だったので、私のインドネシアでのJICA専門家としての経験や、インドネシアや日本での地域振興の現場との関わりを通じて、自分なりに見出した手法や考え方、とくに、外部者(よそ者)が国際協力や地域づくりに関わる際の作法や態度を中心に、講義をしました。

今回は、大学側からの要請もあり、あらかじめ当方でパワーポイント動画を作成し、学生には、上記の日程でオンディマンド聴取してもらいました。個人的にはとても貴重な経験でしたが、学生と直接対面しての議論ができなかったことがとても残念でした。

Kuliah Umum Online “Yoridori Indonesia” (1) (18 Juli 2020)

Pemberitahuan Pemulaian Kuliah Umum Online “Yoridori Indonesia”

Matsui Glocal LCC. menerbit majalah online “Yoridori Indonesia” (berbahasa Jepang) dua kali sebulan untuk menyebarkan informasi kekayaan keanekaragaman Indonesia kepada masyarakat Jepang. Kali ini kami mengadakan Kuliah Umum Online “Yoridori Indonesia” sebagai kesempatan untuk memahami bersama, belajar bersama, dan menikmati bersama tentang keanekaragaman Indonesia untuk umum (gratis).

Dalam Kuliah Umum Online ini, kami mengundang pembicara dan menghormati dialog antara pembicara dan peserta, serta antara peserta juga. Sesuai dengan tema dan permintaan pembicara, Kuliah Umum Online ini bisa dilaksanakan dalam dua bahasa (Jepang / Indonesia) supaya berkomunikasi langsung antara kedua pihaknya.

Semoga kesempatan ini menjadi sumber inspirasi dan ide-ide yang baru, serta sumber terciptanya jaringan sahabat antara peserta Jepang dan Indonesia.

**********

Kuliah Umum Online “Yoridori Indonesia” pertama dilaksanakan seperti yang berikut:

  • Tanggal: pukul 13.00 WIB, tanggal 18 Juli 2020 (sekitar selama 2 jam)
  • Pembicara: Mr. Yuta Takashima (Yayasan Satu Jalan Bersama)
  • Tema: Berpikir tentang Kusta di Indonesia dan Diskriminasi berdasar Penyakit
  •  Menular
  • Moderator: Kazuhisa Matsui (Matsui Glocal LLC)
  • Bahasa: Bahasa Jepang dan Bahasa Indonesia
  • Biaya: Gratis

» Read more

よりどりインドネシア特別講座(第1回)のお知らせ(7/18)

このたび、ウェブ情報マガジン「よりどりインドネシア」を主宰する松井グローカル合同会社は、いくつもの様々なインドネシアを共に知り、共に学び、共に楽しむ機会として、一般の方々向けに、オンラインによる「よりどりインドネシア特別講座」(無料)を開催する運びとなりました。

1~2ヵ月に1回程度、ゲストスピーカーを招いてお話を聴くとともに、スピーカーと参加者、参加者どうしの対話の機会を大事にしたいと考えております。また、内容とスピーカーの意向に応じて、使用言語を日本語・インドネシア語のバイリンガルで行い、日本の方々とインドネシアの方々が直接に対話できる機会も想定しています。

この講座に参加される方々にとって、新たなインスピレーションや思ってもみなかったアイディアや、人と人とのつながりが生まれる場となるように努めていきたいと思います。皆様のご参加をよろしくお願いいたします。

早速ですが、以下のとおり、よりどりインドネシア特別講座の第1回を開催いたします。

  • とき:2020年7月18日(土)日本時間15時~(2時間程度)
  • スピーカー:高島雄太氏(Yayasan Satu Jalan Bersama)
  • テーマ:「インドネシアのハンセン病問題から考える、感染症が引き起こす差別について」
  • 司会:松井和久(松井グローカル合同会社)

» Read more

よりどりインドネシア第73号を発行(2020年7月8日)

よりどりインドネシア第73号を発行しました。カバー写真は、フィリピンとの国境近くの北スラウェシ州サンギヘ島の市場でサゴ椰子澱粉を売るおじさんです。

▼コロナ禍のなかで中国人労働者500人の入国が政府によって許可されました。松井はそれへの抗議行動と入国許可の背景を探りました。

▼岡本さんの連載は、子どもたちの「折り重寝る」様子を微笑ましく描いています。コロナ禍での社会的距離のことを考えてしまいます。

▼石川さんの連載は、ご自分の音楽の話から始まるのですが、それを超え、音楽を通じてインドネシアと故郷の浜松市とをつないでしまう展開がすごいです。

▼横山さんのコーヒー物語は中編です。アチェのコピ・サリン、ジョグジャのコピ・ジョス、ドリアンとコーヒーの関係が紹介されていますが、それぞれ独特のコーヒー文化、奥が深いです。

▼今号で発刊から4年目に入りました。オンライン講座・オフ会などの発信も加えて、さらに皆さんと一緒にいくつものインドネシアを知り、楽しんでいきたいと思います。引き続き、ご愛読のほどをよろしくお願いいたします。

https://yoridori-indonesia.publishers.fm/issue/4888/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「よりどりインドネシア」オフ会(6/27)のお知らせ

情報ウェブマガジン「よりどりインドネシア」のオフ会を、下記のとおり、開催することになりましたので、お知らせします。
 2020年6月27日(土):
 日本時間の午後2時~(出入自由で2時間ぐらいを想定)
オフ会は無料で、ZOOMにて開催します。参加ご希望の方々へは、ZOOMへのアクセスURLを後ほど送らせていただきます。
すでに、「よりどりインドネシア」に執筆いただいている複数の方々から参加表明をいただいております。内容については、第1回ということもあり、参加者の自己紹介の後、「インドネシアと日本で新型コロナウィルスと付き合う日々をどうおすごしですか」(仮題)と題して、新型コロナの日々をどう暮らしているか、インドネシアと日本とで何が同じで何が違っているか、日本がインドネシアから、インドネシアが日本から学べることは何か、といったテーマで、参加者どうしが自由にゆるく語り合える機会にしたいと思います。
今後、オフ会は毎月、テーマを決めて開催したいと考えています。今回のオフ会で次回(7月)のオフ会のテーマも決めてしまいたいと考えています。
オフ会の司会は、僭越ながら、私が務めさせていただきます。
なお、誠に恐縮ですが、このオフ会は、「よりどりインドネシア」購読者を対象としております。ご興味のある方は、是非、この機会に購読者登録をし、仲間に加わっていただければと思います。購読者は、このオフ会への参加はもちろん、過去71本のバックナンバーをお読みになることができます。
ご購読は以下のサイトより、ご登録いただけます。
あるいは、PDF版での送付をご希望の方は、松井(matsiu@matsui-glocal.com)までメールにてご連絡ください。
いずれも、購読登録された後、1ヵ月間の無料お試し購読期間があります。
登録された方へは、登録確認後、すぐに6月27日のオフ会用ZOOMへのアクセスURLを送らせていただきます。
『よりどりインドネシア』最新号(第72号)は、これまでにない盛りだくさんの内容で、2020年6月22日に発行予定です。いくつものインドネシアを皆さんと一緒に知り、楽しんでいければと思っています。よろしくお願いいたします。
1 2 3 88