インドネシア(とくに地方)へのツアーをお手伝いします

【インドネシアへの視察、研修、スタディツアーをお考えの企業、自治体、大学などの皆様】

●松井グローカル合同会社では、ツアー内容の企画、訪問先の選定、交通手段や宿泊先などのご相談、実際の同行・引率などのお手伝いをいたします。

●必要であれば、企画から実施・運営までを一括受託いたします。とくに、インドネシア国内の地方へのツアーに対応可能です。

●ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。先着順で対応させていただきます。

2017年4月30日、福島

松井グローカル合同会社が福島で迎えた最初の来客は、4月30日、私の友人であるインドネシアの作家・ジャーナリストで、2011年からマカッサル国際作家フェスティバル(MIWF)を主宰するLily Yuliantiさん。彼女は、福島の詩人である和合亮一(Ryoichi Wago)氏と面会し、東日本大震災後の日本現代文学について意見交換しました。

松井グローカル合同会社設立

本日(2017年4月11日)、福島地方法務局に法人登記申請をいたしました。したがって、本日が松井グローカル合同会社の設立日となりました。

これまで、「松井グローカル」の名前で活動してきましたが、ステータスとしては個人事業主であり、「松井グローカル」は屋号でした。今後は「松井グローカル合同会社」という法人として活動してまいります。基本的には、これまで同様、私1人だけの会社(従業員なし)の形となります。

福島地方法務局によると、登記完了は4月20日午前ということで、実質的な活動はそれ以降となりますが、これから少しずつ、本格的な活動へ向けての準備を進めていきます。

定款の中で定めた事業の目的は以下のとおりです。

1.国内外での地域づくりに係る調査、アドバイス、コンサルティング

2.国内外でのビジネス支援に係る調査、アドバイス、コンサルティング

3.国内外での国際協力に係る調査、アドバイス、コンサルティング

4.国内外での地域づくり、ビジネス支援、国際協力に係る交流・連携支援

5.インドネシア等の政治・経済・社会等に関する調査・分析・情報提供

6.セミナー、ワークショップ、研修、会議等の実施運営、講演・ファシリテーション

7.前各号に付帯関連する一切の事業

「ローカルとローカルをつないで新しいモノやコトを創り出す触媒となる」という自分のミッションを掲げた以上、活動の軸足をローカルに置く必要があると考え、故郷の福島市で登記申請を行いました。これは、前々から考えてきたことでもあります。

今後は、福島市を主拠点とし、東京、マカッサル、ジャカルタなどを副拠点としつつ、これまで通り、日本や、インドネシアをはじめとする世界の必要とされている場所で必要とされる活動を行い続けていきたいと思います。

そして、福島を含めた個々のローカルが自らの力を高め、国境や宗教や種族を越えて互いに尊重し合い、学び合い、活動し合う関係を築けたら、もっと温かく、もっと楽しく、もっと面白い未来が開けてくるのではないかと思います。

まずは福島から始めます。松井グローカル合同会社を通して、そんな仲間を世界中に作り、一緒に未来を作っていく旅を始めます。

 

ぐろーかる日記、開始!

本サイトとは別に、あえて「ぐろーかる日記」という個人ブログを始めた。

ぐろーかる日記

ぐろーかる日記は、グローバルとローカルが交じり合う日々のくらしのなかで、思ったこと、考えたこと、感じたこと、伝えたいことなどを気ままに書きのこすためのツールである。

当初、すべての内容をこのサイトへ統合しようと思ったが、ちょっとしたことをゆる〜く書ける場所を作ってこなかったことに気づいた。そして、仕事とプライベートがごちゃごちゃになってしまったことにも気づいた。

というわけで、本サイトは今後、仕事に関連したものへ特化させていくこととし、ここでのブログは、業務報告的な形にしていく予定である。

すなわち、世の中の出来事に関する個人的な見解、旅日記、食べ物のこと、興味のあること、などプライベートな内容は、「ぐろーかる日記」で書いていくことにしたい。

ぐろーかる日記は、ゆる〜く、日記のように毎日更新を目指していきたい。ときには、わずか1行とか、写真のみ、ということもあるかもしれないが、皆さんに毎日、気楽に読んでもらえるような、個人ブログにしていきたいと思う。