【東アフリカ】ウガリとマトケ

東アフリカの人々は何を食べているのか。そんなことを想像しながら、タンザニア、ルワンダ、ウガンダを旅した。

20年前に仕事でナイジェリアへ行ったときは、ヤムイモを臼でついたヤーム、キャッサバを臼でついたガリ、が主食で、それに、鳥肉、牛肉、野ネズミ肉などの煮込みシチューを組み合わせるのが普通だった。ヤームやガリを指に乗せ、真ん中を少し凹ませて、そこにシチューのスープを少し入れ、ひゅーっと噛まずに飲む。喉越しを味わうのである。まさか、ナイジェリアで日本そばの境地に触れるとは思っても見なかった。

今回は、パンも食べた。米もけっこう食べた。アフリカの食糧不足を救うためのネリカ米の作付地という看板もあちこちで見た。

タンザニアでは、ウガリを食べた。ウガンダでウガリは「ポショ」と呼ばれていた。

ウガリは、トウモロコシ粉やキャッサバ粉などを湯で練ったもので、それ自体に味はあまりないが、肉などと共に食べると、これがなかなかいけるのである。飽きない味、といっても良いかもしれない。鶏肉や魚のローストと一緒に食べた。暗がりだったので、今ひとつ写真がピリッとしていない。

続いて、ウガンダではマトケが主食になっている。マトケは「バナナ」という意味だが、主食として食べるマッシュド・バナナを「マトケ」と呼んでいる。

でも、このマトケは全く甘くない。バナナは甘い、という先入観が壊される。以前、インドネシア・マルク州のセラム島へ行ったとき、港の近くで買ったバナナが甘くなく、芋のようだったことを思い出した。

マトケもまた、鳥肉、牛肉、魚、豆などの煮込みシチューと一緒に食べる。マトケ以外に、米、ジャガイモ、プショ(ウガリ)も付けられ、緑色野菜が添えられる。今回行ったときは、ちょうどカボチャの季節で、カボチャが付けられたときがあった。

真ん中の黄色っぽいのがマトケ、右がカボチャ、上部の白いのが米である。付け合せで頼んだのは鳥肉スープ。値段が高い順は鳥肉、牛肉、魚、豆だった。

この店のメニュー表はこちら。

別な所で食べたマトケは、次のようなものだった。基本は同じである。

そういえば、ウガンダの魚は、ビクトリア湖やナイル川で穫れるティラピアやナイルパーチといった淡水魚なのだが、これがなかなか美味しい。ただし、インドネシア料理に慣れた舌には、煮込みシチューの味は全般的に薄く、唐辛子を入れずにはいられなかった。この唐辛子がけっこう辛く、地元の方々はほんの少ししか入れない。一緒に行った運転手は、私の入れる唐辛子の量を心配そうに眺めていた。

地球上のどこでも、そこに人が住んでいる限り、必ず美味しいものがある。この個人的な思い込みにまだ裏切られていない。食との出会いは一期一会、は今日も続く。