久々のJICA案件でインドネシアへ

今日5月11日から6月8日まで、インドネシアに出張する。今年は、久々にインドネシア絡みのJICA案件に一コンサルタントとして関わることになった。

「インドネシア国官民連携型農業活性化支援情報収集・確認調査」という名前の案件。農業・畜産業分野で、日本の地方自治体とインドネシアの地方政府とを結びつけ、各々の官民連携を通じて新たな事業創出・展開ができるかどうか、試行してみるという内容である。

この関係で、4月は日本のいくつかの地方自治体をまわり、自治体側の現状と意向を調べてきた。今度は、インドネシア側のいくつかの地方政府をまわり、同様の調査を行う。

この案件の成否は、日本の地方自治体とインドネシアの地方政府の双方に精通し、マッチングの見極めをするだけの情報をきちんと持ちながら、各々のイニシアティブを尊重できることにかかってくると思われる。

自分にそのような能力があるかどうかはやってみないと判らない。しかし、今後、国境を超えたローカルとローカルの結びつきを促し、新たな価値を創造する動きが起こったらいいなあと思う自分にとっては、格好の機会であると考えた次第である。

今回はどんな出会いや気づきが得られるか、楽しみである。新しい未来をつくる一滴になればと思っている。