インドネシア研修生実業家協会南スラウェシ支部のメンバーと面会

1月13日、マカッサルでインドネシア研修生実業家協会南スラウェシ支部のメンバーと面会しました。

インドネシア研修生実業家協会(IKAPEKSI)という組織は、技能実習研修生として日本に滞在し、インドネシアへ戻った後、起業したり、企業で働いたりしている方々が立ち上げたOB会のような組織です。この組織の立ち上げは彼ら自身のイニシアティブによっており、日本政府からもインドネシア政府からも立ち上げに関する支援は受けませんでした。

現在は単なる親睦団体としてだけでなく、IKAPEKSI会員間のビジネスマッチングや情報交換、日本から帰国した技能実習研修生に対する教育訓練や事業相談、なども行っています。現在、インドネシア国内の各州に支部をつくり始めており、南スラウェシ州支部もその一つとして昨年立ち上がりました。

南スラウェシ州からの技能実習研修生は、日本滞在中に行方不明になるなど問題を起こしたため、しばらく同州からの派遣が見合わされてきました。それゆえ、メンバーの多くはだいぶ前に日本に滞在した古い人がほとんどで、若いメンバーがいないという特徴があります。彼らとしては、何としてでもそうした汚名を晴らし、再び南スラウェシ州から技能実習研修生を派遣できるようにしたい、という強い願いがありました。

縁あって、私はIKAPEKSIのアドバイザーを務めており、真面目に活動している彼らの良き相談役でありたいと願っています。そして、技能実習研修生に関するマイナスのイメージを払拭し、彼らのような活動がもっと認知されるように、微力ながら努めていきたいと思っています。

Meeting with IKAPEKSI South Sulawesi

After arriving at Makassar at noon in January 13, I met members of IKAPEKSI South Sulawesi. IKAPEKSI is Ikatan Pengusaha Kenshusei Indonesia, Indonesian ex-Japan-Trainee Businessmen’s League.

They were ex-Trainee in Japan for three years. Mainly worked in small and medium enterprises in Japan to officially learn know-how and technique/technology to be applied in Indonesia in the future. However, some Japanese companies regarded them as cheap labors because of serious shortage of labors in industrial sector.

Officially, government of Japan does not permit immigrant labors in Japan but in fact those trainee are used to fill the labor shortage.

IKAPEKSI was established spontaneously by ex-trainee themselves without any support of government of Japan and Indonesia. Most of members of IKAPEKSI manage their own companies, work in companies, and start their own small business. The ex-training program has contribute to create new entrepreneurs and skilled labors in Indonesia.

I have been an advisor to IKAPEKSI since 2015. I am happy to meet the South Sulawesi part members this time and want to support them.

Three Speeches Last Week in Jakarta

Last week, I stayed in Jakarta for one week. I had three opportunities to make my speech. Two were for Indonesian in Bahasa Indonesia and one was for Japanese in Japanese.

In March 2, I was invited by Jakarta Branch of Indonesian Handicraft Exporters and Producers Association (ASEPHI) as a speaker to talk about SME’s export promotion and potentiality of market in Japan.

I explained the change of Japanese market from Yen appreciation to the depreciation that did not so good for export from Indonesia to Japan. However, if the target was clear as goods for the aged, women, and Indonesian original ones. I recommended combination strategy of OEM products from Japanese buyers and Indonesian original ones. To realize this, I suggested the good collaboration between Indonesian side and Japanese side.

In March 4, I talked about current situation of the Jokowi administration for Japanese businessmen in the Indonesia Watch Seminar by JAC Recruitment Indonesia. This was in Japanese and I gave some positive and negative signals of Indonesia.

In March 7, I was invited to do keynote speech by Ikatan Pengusaha Kenshusei Indonesia (IKAPEKSI) or Association of Indonesian Businessmen who were trained in Japan. They were sent to Japan via IMM Japan and became businessmen after coming back from Japan to Indonesia.

2015-03-07 08.03.28

IKAPEKSI was established by their own initiatives without any support from Japanese side. Maybe this is the first organization set up by alumni of IMM Japan trainee in the world. They do not want to get financial support from the government of Japan and of Indonesia, but want to be good business partner to Japanese side.

Under cooperation with Ministry of Labor Force, Indonesia, only no-problem alumni of IMM Japan can be the member. Members of IKAPEKSI were recognized as good graduates from training in Japan and the Government of Indonesia wants to improve the quality of overseas trainee by using the existence of IKAPEKSI.

I became the advisor of IKAPEKSI based on their request. I feel it is very honorable for me as a Japanese because it is the sign of their trust to me. The situation of Kenshusei in Japan will be more complex and has not only positive image but also negative one. I hope ex-Kenshusei in IKAPEKSI will make good reputation of Kenshusei with many success stories to promote more positive image, and will make a role to deepen Indoensia-Japan relationship in all regions in Indonesia (because the member of IKAPEKSI scattered in almost all provinces and regencies/cities) through their activities.

 

ブカシで技能実習生OBとの面会

2月13日、ジャカルタで用事を1件済ませた後、スディルマン通りからクバヨランバルを抜けて、テンデアン通りを通って、高速道路に乗るまで1時間半、それから1時間かけて、予定より1時間遅れの夜8時にブカシ着。待ち受けていた技能実習生OBと面会した。

IMG_4585a

彼らは、アイムジャパンの技能実習生派遣事業で日本に行った経験を持つ方々で、インドネシア研修生事業家協会(Ikatan Pengusaha Kenshusei Indonesia: IKAPEKSI)の幹部たちだった。IKAPEKSIは、アイムジャパン事業で日本へ行き、帰国した後に、事業を行っている元研修生の集まりで、全元研修生4万5,000人のうち、約6,000人がIKAPEKSIの会員、ということであった。

この組織は、彼らが自発的に作ったもので、日本側からの関与はない、とのことである。

彼らは、今後、日系企業とどのような関係を持っていけるか模索している様子。まずは、IKAPEKSIの存在を日本側へアピールすることが必要だろう。とにかく日本が好きなんだ、と、こちらが恥ずかしくなるぐらい、強くアピールされた。

インドネシアと日本との関係をより深く確実なものにしていくためには、毎年毎年ほぼ自動的に増え続ける日本への研修生とどのように付き合っていくか、帰国後の彼らを日本側がどうサポートしていくかが重要になるだろう。元研修生は、ジャカルタ周辺だけでなく、インドネシアの地方のほぼ全てに存在しており、日本人が地方へ旅をしたり、あるいは日本語パートナーズが地方の高校で活動する際には力強いサポーターになってくれるものと思う。

もちろん、元研修生にも色々な人がいるだろう。真面目に事業を行っている人もいれば、日本へ行ったのはカネだけが目的だった人とか、日本人をカモにしよう、日本人にタカろうと思っている人さえ、いるかもしれない。だから、元研修生といっても、必ずしもいい人とは限らないので、それをどのようにコントロールするかも課題ではないか、とIKAPEKSIの方々にはひとこと釘を刺した。

彼らは3月7日、ブカシで全国大会を開催するそうで、さっそく、そこで講演するよう頼まれただけでなく、アドバイザーになって欲しいとも頼まれた。彼らの存在を活かしていくことが、今後のインドネシアと日本との関係を広く深くするためにも重要だと考え、引き受けることにした。

彼らと一緒に、これから何を起こしていけるのだろうか。彼らには、日本の地方都市で過ごした経験を持つ者が少なくない。また、帰国後、インドネシアの地方で活動しているものも少なくない。日本の地方とインドネシアの地方を結びつけたい自分としては、何か面白いことができる要素があるような気がする。ちょっと楽しみではある。