インドネシア情報ニュースレター購読のお誘い

2012年10月1日から、毎週月曜日、「インドネシア情報ニュースレター」(日本語)を発行し、購読希望者のメールアドレスへ送信しています。私が今、籍を置いているJACビジネスセンターの名前で発行しています。

このニュースレターは、発行前の1週間に何が起こったかをインドネシア語新聞記事から拾い、それを日誌風にまとめたものをベースにし、日本語で表記しています。加えて、私の政治経済に関するコラム、統計などの重要情報があればそれも含めています。

ニュースレターの発行を始めてから、週末の土日のうちの1日(多くは日曜日)はこの作成作業に費やされてしまいます。月曜日に必ず送付しなければならないので、逆算して計算しながら、インドネシア語新聞を読む時間を作っているのですが、おかげで、毎週月曜日はとても眠いのです。

このニュースレターは無料で発行してきましたが、先の6月から有料化しました。現在は、購読者のアドレスへPDFファイルでお送りしています。

ニュースレターの購読申込み方法ですが、ウェブサイト上にてPayPalで簡単に申し込めるようになりました。購読希望者は、以下のサイト(英語)から申し込んでいただければ幸いです。

インドネシア情報ニュースレター購読申込み(英語サイト)

購読を申し込まれた方は、恐れ入りますが、私のメールアドレスまでご一報いただければ幸いです。

参考までに、以下に、インドネシア情報ニュースレターの「見本」(2013年6月10日号)をお見せします。このようなニュースレターを毎週、発行しています。多くの方にご購読いただけますよう、よろしくお願いいたします。

<見本><見本><見本><見本><見本><見本><見本><見本><見本><見本>
=================================================
JACビジネスセンターの
インドネシア情報ニュースレター No. 35 / 20130610日号
オリジナル有料版
=================================================
JACシニアアドバイザーの松井和久です。
本版は、すでに有料版を申し込まれた方へお送りしています。支払方法については、別途お知らせいたします。もうしばらくお待ちいただければ幸いです。
JACビジネスセンターからのお知らせ>
 ●日系企業で働くインドネシア人スタッフ向けワークショップ(6月12日・スラバヤ、7月2日・ジャカルタ)
 ●インドネシア・ウォッチ講演会(7月3日・ジャカルタ)
 ●JACスラバヤ・オフィスのサービス
●日系企業で働くインドネシア人スタッフ向けワークショップ(6月12日・スラバヤ、7月2日・ジャカルタ)
 JACビジネスセンターでは、日系企業で働くインドネシア人中間管理職を対象としたコミュニケーション能力向上のための「ワークショップ・ジャパン」を実施しています。現在、以下の参加申し込みを受け付けております(いずれも定員30名)。
・6月12日(水)10:0017:00、スラバヤ(Fave Hotel MEX Surabayaにて)
・7月2日(火)10:0017:00、ジャカルタ(JACスカイビジネスセンターにて)
 参加希望・お問い合わせは、「ワークショップ(スラバヤ)」または「ワークショップ(ジャカルタ)」と明記のうえ、seminar@jac-bc.co.idまたはmatsui@jac-bc.co.idへお寄せください。
 このほか、企業内でこの種のワークショップをご希望の場合には、出張ベースで対応させていただきますので、お問い合わせください。
●インドネシア・ウォッチ講演会(7月3日(水)16:3018:30
 半年に一度、インドネシアの政治経済の現状を斬る「インドネシア・ウォッチ講演会」を7月3日(水)にジャカルタで開催します(7月後半にスラバヤでも開催の予定)。
 国際収支や為替軟化など、昨年までとは様相が変わり始めた経済状況をどう捉えるか。2014年総選挙・大統領選挙を控えて、政治の動きが経済にどのような影響を与えてくるのか。投資先としてのインドネシア経済はまだ安泰なのか。
 これらの問いに、現状での答えを出すべく、講演会の準備を進めていきたいと考えております。参加希望・お問い合わせは、「講演会(ジャカルタ)」と明記のうえ、seminar@jac-bc.co.idまたはmatsui@jac-bc.co.idまでお寄せください。
JACスラバヤ・オフィスのサービス
 ビジネスマッチング、企業設立支援、通訳・翻訳、ビザ取得・許認可手続から人材紹介・リクルートメント、さらにはスラバヤでの生活支援にいたるまで、スラバヤでもワンストップサービスを開始しています。また、日本語だけでなく韓国語や中国語の通訳・翻訳、会計代行や企業内部監査の相談もお受けいたします。さらに、ご希望があれば、スラバヤ市内の4~5つ星ホテルを特別料金にてご予約させていただきます。お気軽にmatsui@jac-bc.co.idまでご連絡ください。
 スラバヤ・オフィスの住所は以下のとおりです(市の中心部に位置します)。近くへおいでの際には、お気軽にお立ち寄りください。
   Intiland Tower 2nd Floor, Suite 7A,
Jl. Panglima Sudirman 101-103, Surabaya 60271, INDONESIA
  Phone: 031-5349-259, Fax: 031-5349-263
<今週のコラム>
 6月8日、タウフィック・キマス国民協議会議長が死去した。彼の死が来年の大統領選挙の行方に大きく関わる可能性がある。それはなぜか。
 タウフィックは闘争民主党幹部であり、同党党首であるメガワティ元大統領の夫である。タウフィックはメガワティのよき相談相手であり、指南役でもあった。党外に幅広いネットワークを持ち、メガワティをはじめとする闘争民主党の政治家の導き役でもあった。焦点は、彼の死がメガワティに次期大統領選挙への立候補を思いとどまらせるか、という点にある。
 他党が汚職疑惑でイメージ悪化を余儀なくされるなか、闘争民主党は、中ジャワ州知事選挙で勝利するなど、比較的順調に党勢を拡大している。こうした状況下で、党首のメガワティは当然、自分が大統領候補として指名されるべきとの自負心を持ってきた。一方、党内ではメガワティに替わる新たな候補を模索する動きがあり、メガワティに受け入れられる娘のプアンを大統領候補に担ぐという案は時期尚早とされている。
 そこで目を付けられているのは、闘争民主党が推して当選したジャカルタ首都特別州のジョコ・ウィドド(ジョコウィ)州知事である。世論調査では次期大統領候補として常にトップの人気を誇り、各政党が大統領候補にしようとジョコウィに近づき始めている。
 仮に、メガワティが立候補を辞退した場合、闘争民主党は一気にジョコウィを党大統領候補に決めるはずである。そして、ジョコウィがそれをのめば、民主党なども相乗りし、そのまま彼が大統領に選ばれる可能性が高い。これは筆者の現段階での予言である。
 振り返ってみると、1998年5月にスハルト政権崩壊への動きが始まったのは、1996年4月のスハルトの妻・ティン夫人の死去からである。今回のタウフィック氏の死去がジョコウィ大統領誕生への動きの始まるとなる可能性は少なくない。そういう観点からも、今後の政治の動きを見ていく必要がある。
<中央統計庁・月例統計速報>(6月3日発表)
項目
単位
2013-1
2013-2
2013-3
2013-4
2013-5
輸出
100万㌦
15,375.5
15,015.6
15,024.6
14,697.8
輸入
100万㌦
15,450.2
15,313.3
14,877.1
16,314.2
貿易収支
100万㌦
-74.7
-297.7
147.5
-1,616.4
インフレ率
前年同期比%
4.57
5.31
5.90
5.57
5.47
<情報ピックアップ>
0601【汚職】ゴルカル党副党首のPriyo Budi Santoso国会副議長は突然、公務の名の下にバンドンのスカミスキン刑務所を訪問。コーラン印刷に係る汚職事件で逮捕され、公判で同国会副議長へ汚職資金の1%が渡ったと証言したFahd Rafiqとも面会。Priyo氏は3日、自分を汚職事件と関係づけてゴルカル党の要職から引きずり落とそうとしている党内勢力があると批判。
0601【行政】【西ジャワ】【中ジャワ】西ジャワ州のAang Hamid Sugandaクニンガン県知事によると、西ジャワ州と中ジャワ州の6県・2市がKunci Bersamaという名の下に新州設立を構想。州都から遠く、アクセスが不便という理由。すでに3ヵ月に1回、8県市が会合。
0602【災害】【ジャンビ】ジャンビ州クリンチ県のクリンチ山が2度にわたって噴火し、噴煙と火山灰で視界不良状態。地元農民らの活動にはまだ大きな影響はなし。
0602【気象】インドネシア気象庁によると、インドネシア海域の海水温が例年より高い状態のため、多量の水蒸気が発生、雨が多くなっている。オーストラリア大陸からの季節風の吹き出しが弱く、海水から上がった水蒸気がインドネシアの北、アジア大陸部へ押し払われずにインドネシア上空に留まっている。この状態は今年末まで続く見込み。
0602【汚職】【マルク】マルク州警によると、県知事が汚職容疑で逮捕されたアルー県の副県知事もコーラン詠唱大会地区予選の関連で予算流用の汚職疑惑が濃厚、県行政が動かなくなる可能性。
0603【テロ】【中スラウェシ】中スラウェシ州ポソで、At-Taqwaモスク前、県警から15mの場所で30代前半と見られる男が自爆。男はバイクで県警へ乗り付け、構内へ突入しようとして警察官に阻止された。警察によると、自爆者はテロリスト・グループのSantosoグループに関係していると見られるが、指名手配犯22人の中に自爆者と思しき人物は含まれていない。
0603【労働】ジャカルタのタンジュンプリオク港で港湾搬出入トラックがストライキを決行。ジャカルタ港湾輸送協会(Angsuspel)は、PT Pelindo II傘下のインドネシア港湾会社(IPC)が子会社PT Jasa Armadaを設立し、2000台のトラックを購入したことに対して、競業になるとして批判。これに対してIPC側は港湾内での作業用トラックで港湾外には出さないと説明。輸入業者協会はストによる損害は1日2兆ルピアと推計。
0603【インフラ】【西ジャワ】西ジャワ州政府は、2014年中までに州内12万ヵ所にWifiスポットを開設する計画であると発表。現状のWifiスポットは2000ヵ所。
0603【科学】国家科学院(LIPI)、マカッサル海峡において深海調査を実施へ。LIPI海洋研究センターの研究員に加えて、UNESCO海洋学委員会との共同研究のため、韓国海洋科学技術研究所から2名、中国・厦門海洋化学・環境モニタリング技術研究所から2名の外国人研究者が参加。調査費用は1億ルピアのため、前回実施は2007年(ラジャアンパットにて)。
0603【不動産】プラザ・インドネシアはジャバベカと共同で、西ジャワ州チカランに中高所得層向け商業施設+アパートメントを計16haの土地に開発する方向で合意。
0604【事件】5月23日にエベレスト登頂に成功したFajri Al LuthfiMartin Rimbawanの2名が帰国。
0604【暴動】【南スマトラ】南スマトラ州パレンバン市長選挙で最高裁により当選無効とされた候補ペアの支持者らが、最高裁決定に反対するデモを行い、一部が暴徒化して市内最大の家電販売店Toko Jaya Raya Elektronikに投石し、放火。
0604【貿易】インドネシア・コーヒー輸出業者連合(Gaeki)のHutama Sugandhi会長によると、全日本コーヒー協会からの連絡で、日本向けコーヒー輸出におけるカルバリル(殺虫剤の一種)の残留量検査が義務ではなくなった。これにより、インドネシアから日本向けのコーヒー輸出が促進されると見られる。インドネシアは2011年から日本と交渉を続けてきた。
0604【暴力】【アチェ】アチェ州法律擁護協会(LBH)は暴力に関する報告書を発表。それによると、2011-2012年に1060件の暴力事件が起きており、そのうちの413件はドメスティック・バイオレンス(DV)であり、350件が夫から妻への暴力、22件が父親から子供への暴力。
0604【政治】【中ジャワ】中ジャワ州選挙委員会は、中ジャワ州知事選挙の結果を確定。 闘争民主党の推した新人のGanjar Pranowo – Heru Sudjatmoko組が得票率48.82%、6962417票を獲得して当選。有効投票数は14259945票だった。
0604【行政】ジャカルタ首都特別州のアホック副州知事は、ジャカルタ・フェアが目立った発展を遂げていないことに不満を表明、州政府自身が運営を行いたい意向を示した。ジャカルタ・フェアが中小企業からアクセスし難いなどの問題がメディアなどで言われている点について、主催者JI Expo社のMurdaya Poo会長はそれを否定した。
0604【経済】政府と国会、2013年度補正予算でのGDP成長率を6.3%とすることで合意。インフレ率についてはまだ合意せず。
0604【金融】PT Panin Lifeは、40%の株式を第一生命が3.3兆ルピアで買収することを正式に発表。
0604【インフラ】【西ジャワ】公共事業省のBambang Susantono副大臣によると、バンドン都市圏の鉄道複線化工事にフランスが1.57億ドルのローンを供与することで合意。
0605【暴力】ジャカルタ発パンカルピナン行きスリウィジャヤ航空の機内で、携帯電話をオフにするようスチュワーデスに言われた乗客のZakaria Umar Hadiバンカブリトゥン州投資局長官が激高し、スチュワーデスを新聞ではたく暴力を振るった。スチュワーデスは警察に通告、Zakaria Umar Hadi氏は脅迫行為の容疑者として逮捕された。
0605【環境】【自動車】工業省は、低価格グリーンカー促進を目的とした、奢侈品販売税対象乗用車等の奢侈課税品に関する政令 2013年第41号をこのほど公表。排気量が1200cc以下(ディーゼル系の場合は1500cc以下)かつ燃費がリッター20キロ以上の乗用車で、セダンとステーションワゴン以外の低価格グリーンカーは奢侈品販売税が免除となる。
0605【政治】【南スマトラ】南スマトラ州知事選挙投票日。民間調査機関のクイックカウントによると、現職のAlex Noerdin-Ishak Mekki組が優勢。
0605【政治】【マルク】アンボン行政裁判所は、6月11日に投票が行われるマルク州知事選挙の立候補ペア5組について不適正であると判断、マルク州選挙委員会による候補者ペア決定の破棄を求めた。これに対して、マルク州選挙委員会は候補者ペア決定は正当であるとし、行政裁判所決定に不服を申し立てた。
0606【テロ】【東ジャワ】東ジャワ州ルマジャン県警は、東ジャワ州警と国家警察と合同で、6月1日にルマジャン県のPT Arifin Sidayuで起きた低度爆弾事件について、他の爆弾テロ事件との関係があるかどうかを調査中と発表。すでに同社工員1名を容疑者として確保、工員は10個の爆弾製造の注文を受けていた。
0606【企業】PT Telkomは、傘下のTelkomvisionCTグループへ売却することで合意。Telkomvisionの株式の80%をCTグループが出資する。Telkomがインフラを提供し、CTがコンテンツを提供する形。
0607【財政】大蔵省租税総局は、1月の最高裁判決に従い、Asian Agri Group傘下の14社が2002-2005年に税務データを改ざんして1.26兆ルピアを脱税していたとして、罰金を含め2.52兆ルピアを最高裁判決から12ヵ月以内に追徴することを明らかにした。
0607【テロ】インドネシア国軍は、マレーシア国軍と合同テロ対策訓練を北スマトラ州メダンで6月12日まで実施。両軍合わせて1228人が参加。
0607【行政】ジャカルタ首都特別州のジョコ・ウィドド州知事は、2014年のジャカルタ・フェアを「住民の祭典」の原点へ戻すべく内容を再考し、公開入札で行いたい意向を示した。
0608【人事】闘争民主党幹部でメガワティ元大統領の夫でもあるタウフィック・キマス国民協議会(MPR)議長がシンガポール総合病院で死去。葬儀・埋葬はユドヨノ大統領が指揮し、2日間、半旗を掲揚。ジャカルタ英雄墓地に埋葬される。
0608【政治】スハルト元大統領の誕生日のこの日、生地のジョグジャカルタ特別州バントゥル県ケムスック集落にスハルト記念館がオープン。スハルトの長女トゥット氏やハヌラ党のウィラント党首のほか、新旧閣僚らが出席。
*内容についてのお問い合わせ・ご意見・ご感想は、松井(matsui@jac-bc.co.id)までお願いいたします。
*本ニュースレターは、毎週月曜日発行です。
JACビジネスセンターのブログもご覧ください(http://jacbc.exblog.jp/
*人材リクルートメントについてもお気軽にご相談ください。
 
JAC Business Center
Menara Cakrawala (Skyline Building) 19thFloor
Jl. M. H. Thamrin No. 9, Jakarta 10340, INDONESIA
Phone: +62-21-3159504
Fax: +62-21-3159520

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください