ガジャマダ大学生の採用に興味のある方は?

先月、ジョグジャカルタで面接した国立ガジャマダ大学生20名は、かつて日本語を勉強したことはあったが、大学ではそれぞれの専門分野で学んだ学生である。短期集中型で日本語の再教育を行い、ある程度、日本語を使えるレベルになっている。

彼らの内訳は、以下の通り。

・男1(21歳)、工学部、物理工学
・男2(22歳)、政治社会学部、行政管理学
・男3(22歳)、工学部、電子・情報工学
・男4(21歳)、工学部、原子力工学
・男5(20歳)、数理学部、コンピューター・電子学
・男6(23歳)、政治社会学部、コミュニケーション学
・男7(21歳)、政治社会学部、公共経営・政策学
・男8(21歳)、政治社会学部、社会開発・厚生学
・男9(20歳)、 政治社会学部、国際関係学
・男10(21歳)、経済経営学部、経営学
・男11(19歳)、数理学部、コンピューター・電子学
・男12(21歳)、工学部、原子力工学
・男13(20歳)、経済経営学部、会計学

・女1(22歳)、政治社会学部、国際関係学
・女2(20歳)、政治社会学部、コミュニケーション学
・女3(22歳)、政治社会学部、コミュニケーション学
・女4(22歳)、政治社会学部、国際関係学
・女5(21歳)、経済経営学部、会計学
・女6(22歳)、数理学部、コンピューター・電子学
・女7(20歳)、数理学部、コンピューター・電子学

国立ガジャマダ大学といえば、インドネシアでは有数の有名大学。今回会った学生たちも成績優秀で、しかも、皆、日本が大好きである。なかには、日本への思いを熱く語ってくれた学生も少なくなかった。基本的に英語ができ、日本語も自分たちで自主的に勉強しているような学生たちである。

就職までにはまだ時間があるが、すでに、日本を含む外資系企業から声がかかり始めている。もちろん、学生の常として、給料の高い、安定した仕事を臨んでいる。

**********

もし、このブログの読者のなかで、、実際に彼らとコンタクトしてみたい方がいれば、直接、メールにて私(matsui01@gmail.com)までご連絡ください。状況に応じて、こちらから彼らの履歴書をお送りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください