【ぐろーかる日記】年末年始に東京から帰省しないということは・・・[2020/12/30]

2020年12月30日、例年と同じく、この日は正月関連の食材を妻と一緒に買いまわる日である。

いつもだいたい、買い物に行くところは決まっていて、伊達巻と蒲鉾はあそこ、年越しそばと天ぷらはここ、正月3が日におせち以外で食べるための食材はあれとこれをあそこで、といくつかのスーパー、店、デパ地下などをめぐる。

今年はちょっと様子が違っていた。

いつも行くスーパーでいつものように買い物をし、レジに並ぼうと思ったら、一番奥の精肉売り場まで行列が続いているのである。なにこれ、どうして今年はこんなに行列が長いの?

その長さは、インドネシアの大きなスーパーで、手際が悪く、値段や品物を確認するためにレジを離れ、持ち場から何分間もいなくなってしまうレジ係のおかげで、延々と並び続けていなければならない、あの状況に匹敵するものだった。

とはいっても、東京のスーパーのレジ係は職人芸で手際が良く、行列に並んでも、確実に前へ進んでいく。このスーパーでは、レジ係が二人いて、一人がレジを打ち、もう一人は持参したマイバッグに品物を入れてくれる。魚などの生鮮品だと、ドライアイスを持ってきてくれて入れてくれる。

ともかく、年末年始に東京から帰省しないということは、こういう状況が起こるということなのだ。

新型コロナ感染者数が増え続ける東京で、その様子は、傍から見ればまさに「密」である。でも、買い物用カートンのおかげで、前後の客とのソーシャルディスタンスが確保できている。不気味なぐらいだが、行列に並んでいる人々は全員マスクをしており、かつ、誰も話をしない。飛沫はほぼ飛んでいないと思われる。

スーパーからの帰り、妻と一緒に、赤く染まる空を大通りの交差点から眺めていた。昔、冬になると、ここから富士山が見えたのだという。

ここから下っていく坂は、富士見坂という。今や、ビル群が建ってしまい、富士山の稜線の一部しか見ることができない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください