福島を訪れたオーストラリアのアーティストたちとともに(2019年8月9~11日)

2019年8月9~11日, 福島を拠点とする詩人の和合亮一さんの招きで、福島の飯舘村を訪れ、地元の方々と一緒にパフォーミング・アートの作成を試みてきたオーストラリアのアーティスト・チームと一緒に過ごすことができました。

和合さんとオーストラリアのアーティストたちは、2019年8月10日、いわき市立美術館で、「福島ー新しい光をさがして」と題する、非常に興味深いコラボレーション・パフォーマンス・アートのイベントを行いました。

そして翌日(2019年8月11日)は前日と同様、飯舘村の山津見神社にて、舞踊、パーカッション、詩の朗読のコラボレーション・パフォーマンスアートを行いました。ここでのテーマは、神社の天井を飾るオオカミ絵でした。242枚のオオカミ絵は、社殿とともに2013年に焼失しましたが、その後、東京芸術大学チームによって復元されました。この復元のもととなるオオカミ絵の写真を撮っていたのが、オーストラリアからアーティストを招聘した和歌山大学の加藤久美先生たちでした。すなわち、今回の機会は、加藤先生らがパフォーミングアートを山津見神社へ奉納するという意味が込められていたのでした。

彼らと一緒の機会は、とても印象的で、そこで繰り広げられたコラボレーション・パフォーマンス・アートからは、まるで魂を揺さぶられるような衝撃を受けました。即興が中心の今回の公演は二度と再現できない、3人の演者の真剣勝負かつ息の合った作品であり、そんな機会に恵まれたのはとても幸運なことでした。今回の経験から、アートが地域社会にどのような役割を果たせるかについて、自分なりの深い示唆を得ることができた気がします。

個人ブログ「ぐろーかる日記」に、より詳しく書きましたので、興味のある方は、以下のサイトにてご笑覧ください。
https://glocal-diary.blogspot.com/2019/08/2019_14.html

Bersama Seniman Australia di Fukushima, 9-11 Agustus 2019

Pada tanggal 9-11 Agustus 2019, dengan undangan dari Mr. Ryoichi Wago, seorang penyair yang berbasis di Fukushima, kami mendapat kesempatan untuk bertemu dan berkomunikasi dengan tim seniman pertunjukan Australia yang mengunjungi desa Iitate, Fukushima, untuk menciptakan seni pertunjukan mereka bersama masyarakat setempat.

Mr. Wago dan para artis Australia mengadakan acara seni pertunjukan kolaboratif yang sangat menarik di Museum Seni Kota Iwaki pada 10 Agustus 2019, dengan judul “Fukushima untuk mencari cahaya baru”.

Hari berikutnya (11 Agustus 2019), mereka memiliki acara seni pertunjukan lainnya di Yamatsumi shrine di desa Iitate dengan kolaborasi antara tari, perkusi, dan membaca puisi. Tema acara ini adalah gambar serigala di plafonnya. Ada 242 macam gambar serigala, yang direhabilitasi oleh tim Universitas Seni Tokyo setelah gedung shrinenya terbakar pada tahun 2013.

Ini adalah kesempatan yang sangat mengesankan dan kami merasa seperti gemetar rohnya dengan seni pertunjukan mereka. Kami sangat beruntung bertemu dengan seni pertunjukan ini yang tidak bisa berulang yang sama dan hanya satu kali pertunjukannya karena permainan improvisasi. Kami memiliki banyak wawasan yang mendalam dan tulus dari pengalaman ini untuk berpikir tentang peran seni untuk pengembangan masyarakat lokal.

With Performing Artists from Australia in Fukushima, 9-11 August 2019

In 9-11 August 2019, by invitation from Mr. Ryoichi Wago, a poet based in Fukushima, we have a chance to meet and communicate with a team of Australian performing artists who visited Iitate village, Fukushima, to create their performance art with local peoples.

Mr. Wago and those Australian artists had very interesting collaborative performance art event in Iwaki City Art Museum in 10 August 2019, with title “Fukushima in search of new light”.

The next day (11 August 2019), they had another performing art event in Yamatsumi shrine in iitate village with collaboration among dance, percussion, and reading poems. The theme of this event was wolf picture on the ceiling of the shrine. There are 242 kinds of picture of wolf, which were rehabilitated by Tokyo Art University team after burnt down in 2013.

This was very impressive opportunities and we felt as like as shaking our soul by their performing art. We were very lucky to meet this unplayable again and only one-time performance. We got many deep and sincere insights from this experience to think about the role of art for local community.

スラウェシとジャカルタへ出張(2019年8月4~7日)

弊社は、石川県庁訪問団に同行し、インドネシアの農業の現況を見るために、南スラウェシ州(ワジョ県、マカッサル市)及びジャカルタを訪問しました。石川県は、今後、ワジョ県を中心とする、農業開発に関する長期的な協力関係の構築を提案しました。

石川県はとくに、農業機械化、農民を対象とする研修、農業面の所得向上に貢献したいと考えています。

Perjalanan Dinas ke Sulawesi & Jakarta (4-7 Agustus 2019)

Kami mengunjungi Sulawesi Selatan (Wajo dan Makassar) dan Jakarta bersama tim Pemda Prefektur Ishikawa, Jepang, untuk meninjau situasi pertanian saat ini. Prefektur Ishikawa berencana mengusulkan beberapa program kerjasama dalam pengembangan pertanian dalam jangka panjang terhadap Pemkab Wajo.

Prefektur Ishikawa mengharapkan berkontribusi untuk mekanisasi pertanian, pelatihan petani, dan peningkatan pendapatan petani.

Business Trip to Sulawesi & Jakarta (4-7 August 2019)

We visited South Sulawesi (Wajo and Makassar) and Jakarta with the team of Ishikawa Prefecture government, Japan, to investigate current agricultural situation. Ishikawa Prefecture plans to propose some cooperation programs in agriculture development in the long run with Wajo District government.

Ishikawa Prefecture wants to make some contribution to agricultural mechanization, training of farmers, and income increase of farmers.

よりどりインドネシア親睦交流会開催(2019年8月3日)

2019年8月3日、ジャカルタのBatik Kuring Restaurantにて、よりどりインドネシア親睦交流会を開催しました。出席者は5名でしたが、イスラム、LGBT、ジャカルタ暴動、ジョコウィとプラボウォ和解の背景と今後など、様々な話題を自由に語り合う機会となりました。

今後は、日本人とインドネシア人の両方が一緒に共通話題を話し合える、新たな親睦交流会も企画・開催したいと考えています。

パダンで送り出し機関と協議(8/1-2)

8月1~2日、パダンにて技能実習生送り出し機関と今後の協力について協議しました。まずは一つの技術・技能に絞り、それに特化した技能実習生を日本で訓練し、修得した技術・技能を帰国後インドネシアで確実に生かせる人材育成をする、という方向性を確認しました。

関連記事を個人ブログに書きました。以下のサイトよりアクセス可能です。

https://glocal-diary.blogspot.com/2019/08/blog-post_4.html

Mengunjungi Padang untuk diskusi dengan LPK (1-2 Agustus 2019)

Pada tanggal 1-2 Agustus, kami mendiskusikan dengan suatu LPK di Padang tentang kerjasama masa depan. Kami telah sepakat arah fokus ke satu ketrampilan/teknik dulu dan mengirim pemagang ke Jepang untuk belajar ketrampilan/teknik tersbut agar mereka menjadi SDM yang benar-benar keterampilan/tekniknya dapat dimanfaatkan setelah mereka kembali ke Indonesia.

Visit Padang to discuss with a LPK (1-2 August 2019)

In 1-2 August 2019, we discussed with a trainee sending organization (LPK) in Padang about our future cooperation. We have confirmed the direction of specializing a skill/technic at first and sending trainees to learn the skill/technique in Japan. We hope those trainees become good human resources to be utilized after coming back to Indonesia.

1 2 3 83